400m競走は、400mをいかに短い時間で走るかを競う短距離走種目です。

動画は、2008年の北京オリンピックでの男子400m決勝の様子です。トラック上のスタートやゴールの位置が分かります。

5分で分かるルール解説

競技エリア

  • 400mトラックを1周走ります。

スタート

  • スターティングブロックを使用し、クラウチングスタートでスタートします。「On Your Marks(オン・ユア・マークス;位置について)」「Set(セット;用意)」の後の号砲がスタートの合図になります。「On Your Marks」は、400m以下のレースで使います。
  • 不正スタート(通称:フライング)は各レースで1回しか許されません。2回目以降にフライングをした選手は、たとえその人にとって最初であっても失格となります。

フィニッシュ

  • 選手の胴体がフィニッシュラインに到達したときにフィニッシュになります。
  • 全てのレースで、記録の計測と順位の判定に写真判定システムを使用します。

金メダルへの道

  • 予選→準決勝→決勝と進んでいきます。
  • 1レース8人で行い、各レースの上位3~4名とそれ以外で最も速かった選手数名が次のラウンドに進めます。

世界記録/日本記録

400m競走

 記録名前日付
世界men43"18マイケル・ジョンソン(アメリカ合衆国)1999/08/26
世界women47"60マリタ・コッホ(東ドイツ)1985/10/06
日本men44"78高野進1991/06/16
日本women51"75丹野麻美2008/05/03