25mピストルは、ピストルを使い、25m先に固定された標的に向けて、精密射撃と速射射撃を行い、着弾点の精度を競う種目です。女子が行う種目で、男子では50mピストルを行います。

動画は、2008年の北京オリンピックでの女子25mピストルの様子です。

5分で分かるルール解説

弾数と制限時間

  • 本射は60発で、30発ずつ2つのステージ(前半と後半の2日間)に分けて射撃を行い、合計点を競います。
  • 前半は精密射撃、後半は速射射撃を行います。
  • 精密射撃は、5分間に5発の撃ちこみを1シリーズとして、6シリーズ行います。
  • 速射射撃は、7秒間標的が隠れ(赤ランプ点灯)、3秒間正面を向いた時(緑ランプ点灯)に1発を撃ち込み、5発を1シリーズとして、6シリーズ行います。
  • 試射は、精密射撃、速射射撃の前にそれぞれ5発のみ許されています。

標的と得点

  • 射撃位置から25m先に標的があります。
  • 標的には点数が決まっている円が描かれています。
  • 精密射撃と速射射撃とでは、違う種類の標的を使います。
  • 精密射撃では、円が以下のように描かれており、1発の満点は10点です。
10点圏 半径50mm
9点圏 半径100mm
8点圏 半径150mm
7点圏 半径200mm
6点圏 半径250mm
5点圏 半径300mm
4点圏 半径350mm
3点圏 半径400mm
2点圏 半径450mm
1点圏 半径500mm
  • 速射射撃では、円が以下のように描かれており、1発の満点は10点です。
10点圏 半径100mm
9点圏 半径180mm
8点圏 半径260mm
7点圏 半径340mm
6点圏 半径420mm
5点圏 半径500mm
  • 決勝では、小数点以下一桁まで採点し、1発の満点は10.9点になります。

射撃姿勢

  • 立って片手で銃を構える射撃姿勢(立射片手射)で行います。

金メダルへの道

  • 予選→決勝と進んでいきます。
  • 予選では、上位8名が決勝に進みます。
  • 決勝では、予選での点数も加えた合計点で、勝敗を決めます。

世界記録/日本記録

25mピストル

 記録名前日付
世界women予選:594Diana Iorgova(ブルガリア)1994/05/31
世界women予選:594Tao Luna(中国)2002/08/23
世界women決勝:796.7(591+205.7)Mariya Grozdeva(ブルガリア)2005/04/11
日本women予選:589福島實智子2000/06/02
日本women決勝:791.2(585+206.2)小西ゆかり2008/06/14